ヤミ金を見分けるための処方箋

ヤミ金を見分けるための処方箋

お金を早く用意したい!と焦っていると、判断力が鈍ってしまい普段ではしないようなミスをしてしまうものです。
その一つが「ヤミ金から借りてしまう」というもの。
普段なら絶対に手を出さないはずなのに、甘い言葉に惑わされてしまいヤミ金に手を出してしまう人も少なくありません。
どんなに急いでいてもヤミ金からお金を借りることだけは、絶対に止めましょう。
それでは簡単なヤミ金の見分け方を紹介します。

 

●法定金利内か否か
貸金業法という国の法律で、業者がお金を貸す場合の金利が定められています。
それがこちら。

 

【10万円未満の場合年利20%以下】
【10万円以上100万円未満の場合年利18%以下】
【100万円以上の場合年利15%以下】

 

この範囲以上の金利を要求するのは、法律に反することになります。すなわち犯罪です。

 

●紹介に注意!
お金が必要なことを誰かに相談することもありますよね。その時、「知り合いの金貸しを紹介してあげる♪」といった一見親切な言葉には注意しましょう。
最近のヤミ金は紹介でカモをゲットするものが多いです。どんなに信頼している友人であってもお金が絡んでくると、まるで別人になってしまうものです。
悲しい現実ですが、友人からの金貸し業者の紹介はきっぱりと断りましょう。

 

●フリーペーパー広告に注意!
街中にはたくさんのフリーペーパーがありますよね。そこに載っている広告や求人にも注意が必要です。
名前も知らないような金融業者の広告はまず無視です。ヤミ金の可能性が高いですからね。
また、求人欄に関しても求人を装って実はお金に困っている人を探しているというケースがあるので、これもまた注意しましょう。
少しでも怪しいと感じたら絶対に利用してはダメですよ。