カードローンを選ぶ時の処方箋

カードローンを選ぶ時の処方箋

カードローン会社にもいろいろあります。初めて申し込むとなると、どれにしたら良いかわかりませんよね。
それではカードローンはどのように選べば良いのでしょうか?

 

●審査と金利の関係
どうせお金を借りるのなら、金利が安いところが良いですよね。
銀行系のカードローンは、消費者金融系に比べて金利が安い傾向にあります。
消費者金融系カードローンの金利が約15%なのに対して、銀行系は約10%くらい。低いところでは上限金利にもかかわらず5%くらいの設定のところもあります。
これは銀行系カードローンを選んだ方がお得ですね。

 

しかし覚えておきたいのが「金利と審査は反比例する」ということです。
金利が低いローン会社ほど審査は厳しいです。反対に金利が高めのローン会社ほど審査はゆるいという傾向にあります。
収入が安定していなかったり、過去に何らかの返済滞納をしたことのある人は、金利が安い銀行系カードローンの審査が通らない場合があります。
確実にお金を借りたいのであれば、多少金利が高くとも審査のゆるい消費者金融系カードローンを選びましょう。

 

●サービス内容を確認
各ローン会社は利用者に対してさまざまなサービスを行っています。選ぶ際は行っているサービスもしっかりとチェックしましょう。
利用するたびにポイントがつくものや、無利息期間を設けているものもあります。
サービスが充実しているカードローンを選び、少しでもお得にお金を借りるようにしましょう。