審査での処方箋

審査での処方箋

カードローンを申し込んだ時に必ず行われるのが審査。どんな人なのかを見極めるためのものです。
審査においてはどのようなことに注意したら良いのでしょうか?

 

●ウソはご法度
ついつい自分を良く見せようとウソの内容を提示する人がいます。これは審査においてご法度ですね〜。絶対にやってはいけません。
ついやっちゃうウソの一つが「勤務先の情報」です。自分を良く見せようとウソの勤務先を申込書に書いちゃう人がいます。
これはローン会社が勤務先に在籍確認を入れることですぐにバレます。

 

また「過去の返済滞納の有無」を偽る人も多いです。
返済滞納をしたことのある場合は審査には通りにくくなりますが、ウソをつくのはもっとダメです。
ローン会社の後ろには個人信用情報機関がついており、過去の返済状況も全て知ることができます。
カードローンだけでなく、ついつい公共料金やクレジットカードで返済が遅れた過去がある場合は、正直に書いておきましょう。
その方が印象は断然良くなりますよ。

 

●スーパーホワイトさん
ブラックリストに載っているブラックさんは審査に通りにくいのはもちろんですが、
真逆のクレジットカードを使ったことが一切ないようなスーパーホワイトさんも審査に通りにくい傾向にあります。
お金を全く借りた経験のない人もまた、ローン会社からしたら怪しい人物となってしまうんですね。
スーパーホワイトさんもカードローンを利用するのであれば、クレジットカードを1枚くらいは持っておいた方が良いでしょう。